管理人の日常プチ更新緊急速報レシピアニメ・映画感想管理人の生態城巡りグルメ、その他
次世代のオタクである六神合体の哀と幽鬼の記録。コメントは原則http,ttp禁止なのでご了承ください。
2010.11.23 Tue
 さて海外では結構やばい事になってるみたいですが・・・・


 管理人です。


 勤労感謝の日なのに働いてる今日。

 嗚呼、そうか。

 このご時世働ける幸せをかみ締める日なんですね(おい





 そういや何気にあるコピペブログで「俺の半生について語ろうと思う」ってのを読んでたんですが。


 実にドラマティックな話でしたね。


 ホントにこんなドラマみたいな事起こるのか?と思われる方も多いと思いますが・・・・・

 
 起こります。



 いや、実際自分もドラマみたいな台詞吐いた事あるんで気持ちは分かります。






 一度自分も半生語りたいですが・・・・・
 
 いろいろとやばすぎて語れないかもしれないw




 続く




 米が切れて買ってきたのですが、2キロをちまちま買うより5キロ買ったほうが得なんですよね

inosuke7.jpg 10キロ買えばよりお得だろ?

 10キロ買ってもバイクでは持ち運べません。




 ところで5キロ持ちながら重いものだなぁと感じましたが・・・・・・

 よく考えたらほんの1ヶ月前までこの5キロを背負って生活してたんですよね!!

inosuke7.jpgついに5キロ痩せたのか!?

 5.4キロ減量しましたw








 さて祝日でしたが、仕事でした。


 で、祝日といえばホリディドライバーが多く出没するので溜まったもんじゃないです・・・・

inosuke7.jpg事故とか多かったんだってな。

 ええ、それとマナーの無いドライバーも多かったですよ。




 


 で、今日管理人の運転するトラックの前に一台車が方向指示器も出さずに割り込んできたんですよ。


inosuke2.jpg それは酷いな。



 ま、でもその程度では怒りません。

 仏の六神さんですよ。



 そしたらその車次の角を曲がる時も方向指示器出さないんですよ。

inosuke6.jpg それは怒るだろ!!


 いえいえ、怒りません。

 仏の六神さんですよ。





 で、そしたらさらに次の角でも指示器を出さないんですよ。


inosuke2.jpg六神さんはもうちょっと怒った方がいいぞ。




 思いっきりクラクション鳴らしてやりました。



inosuke7.jpg うおーーーーーい!!



 仏の顔も三度までだっつーの!!



 多分その車の運転手は指示器出さないんでしょうね。



 何で免許与えてんの!?





 ただ言っておきますが管理人がクラクション鳴らすのは怒って鳴らしてるわけじゃない。


 その運転手が道交法違反してる事に気づいてほしいから鳴らしてるだけです。



 怒って鳴らしてるんだったら割り込まれた瞬間に鳴らしてるww

inosuke7.jpgまあ中国人じゃあるまいしなぁ・・・・





 前方の車が無茶な運転、割り込みをかける場合や指示器を出さない場合。
 
 原付バイクが二段階右折無視してうちの車の前にいる場合。



 くらいしかクラクションなんて鳴らしません。



 例え前方の原付がのろかろうが、歩行者がゆっくり歩いていようが道交法に接触してない場合は何も言いません。


inosuke2.jpgたまにいるよな。原付の後ろから意味も無くクラクション鳴らすバカ車。




 管理人なんかは車にも乗り、原付にも乗ってますから双方の意見はよく分かります。

 だから原付の迷惑になることはしないし、逆もまた然り。




inosuke2.jpg追い越し車線に出てくる原付も迷惑だしな。

 それなんですよ!

 だから管理人は二段階右折禁止区間以外での追い越し車線への原付バイクでの侵入は決してしません。

 後、白線の内側にも決して入らないしね!!




inosuke6.jpgあれって八割がた守られてないよな。


 原付はおろか大型バイクですら白線の内側に入って走行してるんですから・・・・


 もっと取り締まるべきですよ!





 ま、そういうことで何に乗るにしても気をつけて欲しいなぁって事で。







 

 そんなこんなでおっと今日はFC2安定してるなってな感じの管理人でした。

inosuke7.jpgの割には結構書いてるの遅いな。



 いや、ネタが思い浮かばなくてww



 ほな。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://rokushingattai.blog106.fc2.com/tb.php/974-2c456bd9
Template by まるぼろらいと