管理人の日常プチ更新緊急速報レシピアニメ・映画感想管理人の生態城巡りグルメ、その他
次世代のオタクである六神合体の哀と幽鬼の記録。コメントは原則http,ttp禁止なのでご了承ください。
2012.08.09 Thu



 


 かなり前の話になりますが・・・・ジーンズが破れてしまいまして・・・。


miu00002-12.jpg ユーズドっぽくてかっこいいじゃん。


 ですよねー。


 ジーンズは破れてなんぼですよw


miu00001-12.jpg で、どこが破れたの?
miu00002-12.jpg 膝?太もも?







 です。
















 管理人です。





 吉野家の前を通りかかったら「お子様セット」とか言うのぼりが見えまして・・・・

 変なゆるキャラといい、レディース専門店の開拓といい、吉野家は迷走中ですよね。



miu00006-12.jpg 貼るなよ、例のコピペ。



 





 ま、それはそうと・・・






 ↑話題ですよね。


 いろんな意味で。



miu00006-12.jpg ん?





 ま、知らない人は知らないと思うけどあの筒井康隆がラノベを書いたということで話題になってますが。



 後、第1章がまるまるネット上で公開になっててその内容でも話題みたいですが・・・






 管理人から言わせればそこまで話題に出すこともない。



miu00006-12.jpg ん、どういう意味?






 だって管理人はこれでも結構筒井康隆作品は読みまくってきた方なので、あの程度のエロネタでは動じません



miu00005-12.jpg 結構読んでるんだ・・・







 家族八景の「肉」表現に比べればまだおとなしいもんですよw



 詳しく言えないんだけどね。



 下ネタだからw
 






 ちなみに家族八景、七瀬ふたたび、エディプスの恋人の七瀬三部作は名作です。




 エロいけど。


 エロいけど。




 大事なことなのでry




miu00005-12.jpg エロいんだ・・・・





 筒井康隆はエロいんです。




 西村寿行鯱シリーズに比べればそこまでエロくは無いんですけど・・・・




miu00005-12.jpg 何かチョイスが渋すぎるんですけど・・・・




 まあいわゆる30センチってやつですよ。




miu00006-12.jpg 何が30センチなんだ?




 ナニが30センチなんですよ。











 それにしても筒井康隆ってもう77歳なんだな・・・・びっくりだ。












 そんなこんなで明日仕事行ったら次からお盆休みだってな感じの管理人でした。



 ほな。
テーマ:(´Д`;) - ジャンル:日記
管理人の日常    Comment(3)  TrackBack(0)   Top↑
光一
こんばんわー。

テレビも私は嫁さんがつけたりしていなければ、特に観ないですね。

>ジーンズは破れてなんぼですよ
股の場合は、問題が生じかねないですがね(苦笑)

私は明日、灼熱地獄の夏コミへ行きますです。昨年に続いて、嫁さんの手伝いなんですけどね。1日目だけ。
でも、私が個人的にお会いしたい方は、ほとんど3日目という悲しい現実です(涙)
2012.08.09 Thu 23:14 URL [ Edit ]
桜エビ
>テレビ
自分は職場で休憩時間とか仕事前に少し見るくらいですかね。
ほとんどつけっぱなし状態だし、誰かが見てるかもという事で消せない。
たまに朝プリキュアが流れていたりもするけどな
2012.08.10 Fri 23:11 URL [ Edit ]
六神合体
>桜エビさん

職場で流れてるTVはつい観ちゃいますよね。
昔自分もそういう状況でした。

特にお笑い番組やってる時は笑いこらえるのに必死でした(おい

ん?

朝はプリキュア以外は観てはいけないという法・・・げふん、げふん・・



>光一さん

日曜の朝以外は観ること無いですもんね(おい

しかしジーンズが破れるものだとは知りませんでした。
OH,しかもなぜ股なんだ・・・。

夏コミは羨ましいですね。
暑いとは思いますが。

ああ、関西人としてはあそこまで行くのはきつい!

でも一度は行ってみたい!


やっぱ3日目ですかね。

それとこれ返信してる時はすでに1日目終わっちゃってるんで、夏コミご苦労様でした。
2012.08.11 Sat 13:20 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://rokushingattai.blog106.fc2.com/tb.php/1613-5859a1a0
Template by まるぼろらいと